羊水検査の結果が出ました…

先週受けた羊水検査の結果がでたと
病院から電話がありました。


「赤ちゃんはきっと大丈夫」と
前向きに考えて過ごしていましたが
結果を聞くときは緊張しますね…




スポンサーリンク





検査の結果が出る予定は次の日だったのですが
万が一、早く連絡が来ることも考えて
一応気持ちの準備だけはしておきました。


あ、しておいてよかったε-(´∀`*)ホッ


「赤ちゃんには異常はない」
と、念じ続けて来て
「大丈夫、大丈夫」という
理由のない安心感を感じていたのですが


電話が病院からだとわかると
その安心感が一瞬にして緊張に変わりました。


「羊水検査の結果です…」


「どんな結果でも受け止めよう」と
心のなかでしっかり決心して(といってもかなり緊張している)
看護師さんの言葉に耳を傾けました。



グッドニュースよ。
羊水検査の結果、赤ちゃんに異常はなかったことが分かったわよ」


その言葉を聞いた途端
予想に反して涙がどっと溢れでてしまい

「ありがとう」
という言葉が涙声になってしまいました。


これまで悩んでいたこと
こうであって欲しい、と願っていたこと
などなど

いろんな気持ちから開放されたからかもしれませんね。

想像以上に重圧がかかっていたようです。


「いっぱいいっぱいだったのね。わかるわ、その気持ち」
と、看護師さんはやさしく声をかけてくれました。


私は血圧の問題はありますが
こうしてまたひとつ問題が解決して
前に進むことができる。

その時の気持ちは
染色体異常の可能性があると告げられたから
検査の結果を聞くまでと比べて
雲泥の差があります。



電話を切った後
しばらく涙が止まらず

落ち着いてからダンナに電話をかけました。


結果を伝えると
ダンナの声も心なしかホッとした様子です。

「あ~、大きい車に買い換えるの
現実的になってきたな~」

という声が嬉しそうでした。



私は電話を切った後
願掛けでやめていたチョコレートを、思う存分楽しみました(笑)



羊水検査を受けようかどうか迷っていたら…

毎回何気なくうけていた出生前診断でしたが

今回の結果で
ちゃんと考えてから受けた方がいいと思いました。

染色体異常の可能性が数値化されると
ものすごく不安になりますよね。


特に高齢出産になると
赤ちゃんが染色体異常の可能性が高くなると言われていますし
たとえ1/100と言われても

「もしかしたら…」
と、気になって仕方なくなります。


「妊娠中は余計な心配をしたくない」
「どんな子供でも産む」
と決めていたら、検査は受けないほうがいいと思います。

羊水検査事態100%安全というわけではないですし

羊水検査を受けることも
そして、結果を待つことも
心身ともにかなりのストレスになりますので。


でも
産もうかどうか迷っていたり
もしダウン症の子どもとわかったら
準備する時間がほしい

というのでしたら
受けたほうがいいですね。


私が羊水検査を受けた理由は
この先出産までダウン症かどうか悩むのが嫌
という気持ちが強かったからです。

仮にダウン症だったとしても
この時点で産むかどうかはどうしても決められませんでしたし。


もしダウン症だったらどうするか
ということは、考えないようにしました。

考え出したら
本当にきりがないですから^^;


なので
羊水検査を受けようと決めて結果が出るまでは

ダウン症について調べたり
「もしダウン症だったら」と、あれこれ心配しないようにしよう

結果が陰性だったという体験談だけ読むようにしよう

ということに気をつけました。

おかげで
必要以上に落ち込むことはなかったです。



羊水検査で白黒はっきりしたので
今は心配からの開放感でいっぱいになりました。

羊水検査は受けてよかったと思います^^


といっても
これは私の意見なので
もしまだ気持ちがスッキリしなかったら

他の人の体験談を参考にしながら
決めていけばいいと思います。


本当に
この検査を受けるかどうか
産むかどうか、というのには
「これが正しい」という正解はないのですから。


あ、そういえば
羊水の色って、何色だと思います?

自分の羊水見せてもらいましたが
羊水っておしっこみたいな黄色してるんですよ。

羊水を飲んだ赤ちゃんは
おしっこをするので
その色なんだそうですよ^^



スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ