妊娠初期の腰痛は流産のサイン?対策はどうすればいい?

妊娠中は
何かと腰が痛くなりがちですが

お腹があまり大きくない妊娠初期
腰痛になると、ちょっと心配してしまいますよね。


調べてみたんですが
妊娠初期の腰痛は流産の可能性が高い
ともいわれていて

そういうことを聞くと
ものすごく不安になりますよね。


そこのところはどうなんだろう
妊娠初期の腰痛の原因と
腰痛対策についていろいろと調べてみました。



スポンサーリンク





妊娠初期の腰痛の原因

妊娠初期は流産する可能性が高く
その兆候として腰痛が出る場合があります。

ですが
流産の時は腰痛だけでなく出血や腹痛を伴うことが多く

すぐに
腰痛=流産ということにはなりません


流産からくる腰痛なのかどうか
自己判断は難しいので
こういうときはドクターにすぐ相談してみましょう。


妊娠初期の腰痛は
必ず流産が原因というわけではない
ということがわかっただけでもホッとしますが

それでは
他にどんな理由があるのでしょうか。


妊娠をすると
骨盤の靭帯を緩ませる、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

赤ちゃんを産みやすくしようと
体が変化していくんですね♪


それはそれで大事なことなのですが
この靭帯が緩むと
靭帯が支えていた関節部分が不安定になって
これが腰痛の原因になるんですね~。


それから
妊娠前から腰痛持ちだった場合も
腰痛になりやすいです。

腰の筋肉や関節に、再び負担をかけてしまうからですね。


また
腰の筋肉が緊張していたり
運動不足で弱っていた場合も
疲れが溜まりやすく、それが腰痛になってしまうことも。


こうしてみると
妊娠初期の腰痛は、なってもおかしくない
ということがわかりますね(;´∀`)



妊娠初期の腰痛対策は?

妊娠初期の場合
腰痛の原因を調べるためにレントゲンは撮れないので
シップを貼って痛みを和らげる方法がよくとられます。

筋肉が固くなったり緊張して
腰が痛くなった場合は、血行が悪くなってるので
腹巻きやさらしなどで腰を温めるようにします。

オフロにゆっくり入って
腰をマッサージするのもいいかも。


お気に入りのボディーオイルで
腰のあたりをマッサージしたり

体の中で
こっている部分を
ほぐしたりツボ押ししたりしてみましょう。

リラックス効果も狙えますよね♪


長時間同じ姿勢で過ごさず
適度に休憩を入れてストレッチしたりすることも
大事だと思います。


あとは
体を冷やさないように
体を温める食べ物を食べる

ということも
意識していくと、腰痛対策になっていきますね^^



妊娠初期から腰痛があると
とても不安になってしまいますが

まずは赤ちゃんの生まれてくる力を信じて落ち着きましょう。

そして
流産以外にも腰痛になる原因はあるので
ドクターと相談しながら、対策をしていくといいと思いますよ。


1日も早く腰痛が改善されて
マタニティライフを楽しむことができますように♪



スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ